HOME>特集>買手についてもしっかり考えてから売却する

目次

タイミングを掴むこと

住宅模型

不動産売却としての利益率は、築年数を含む市場の評価が左右します。ヴィンテージを除いて、普通に築年数が経つほど物件の価値は下ります。ただし、下り続けるのではなく、築5年以内に比べて、築6年〜10年以内では10%前後というような値下がりになります。その後の築20〜30年ではあまり価格は変動しないので、藤沢で不動産売却ならばどのタイミングで売るのが損にならないか、判断できるでしょう。

売らずに管理

藤沢での不動産売却、築10年前後を目安に値下がりするので、投資となるならば、間取りや内装も新築と差ほど変わらず、設備も当面は使うことができます。ですから、自分で運営・管理をしながら、ベストなタイミングで売却するのもアリです。

広告募集中